総督府時代 Topの最近のブログ記事

総督府時代Top

[Top][日朝の接触][日清・日露戦争と朝鮮][併合の経緯
[朝鮮の民族運動力][総督府時代の統治][鉱工業編][農林漁業編]

総督府時代 Top

幕末から明治期、日本を襲った3つの危機ポイント
列強が迫り来る具体的な武力脅威があったこと。
眠り続けた朝鮮と衰退し続けた中国が列強のものになると、日本はどうなる
中国と朝鮮は無力なのに、日本に対して中華意識による優越感を持っていたことからの感情のもつれ

日本と朝鮮、近代化の分かれ道
あの強大な中国でさえ、西洋列強に簡単に敗れた!
ならば我らはどうする?日本のとった道。朝鮮の考えた道。
└ 近代化とは端的に西洋化であり、資本主義化のことである


こんな貧弱な国家予算で、どうすれば近代化が出来るのか?
江戸時代の幕府よりも小さな国家予算
ここに、苦悩する実務官僚が親日派になってしまう必然性がある
異民族支配は悪か?そして謝罪する必要はない
イザベラ・バードが見た ロシア辺境の朝鮮人1/2
マッケンジーが見たロシア辺境の朝鮮人


韓国のとんでもない嘘について
断固抗議して、糾弾て闘う。それ以外の弁解は、もう一切しない
大切な事は、日本人が自分の人の良さと、自分の甘さをよく知るべきだ

自力ではなかった恨みか?
経済成長はしたが、貧富の差は拡大した----韓国人の思い

旧韓末「盲目的反日感情」が朝鮮亡国の原因だったという主張をする韓国右翼?

梅泉野録


参考リンク
十・95-96 大陸修学旅行 (昭和十四年)
奈良女子高等師範学校文科学生の旧満州・朝鮮修学旅行記録
大日本帝国統治・影響下の朝鮮半島、旧満州の様子が描かれていて、
一般の女子学生たちが戦争や日本の大陸進出についてどのように感じていたか窺い知れる


梅泉野録

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち総督府時代 Topカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはww2についてです。

次のカテゴリは竹島 メモ Topです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。