韓国が国際海洋法裁判所への強制的な紛争付託を拒否する宣言をしたことの功罪


『韓国が「海洋条約拒否宣言書」を提出した事により日本は、「国際海洋法」より拘束力のある「国際連合憲章」を持ち出す事が出来るようになった。』

1、韓国は、国際海洋法裁判所へ強制的な紛争付託を拒否する宣言をした。
2、日本は仲裁裁判所に付託することができる。
3、日本は安全保障理事会に付託する道が開かれる。
今北朝鮮で忙しいのに安全保障理事会に持ち出すのは気がひけますね(汗)いずれにしても韓国の見苦しい対応(笑

このブログ記事について

このページは、rekichiが2011年6月 7日 19:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現存する最古の国語辞典は、朝鮮語が禁止されていた時代?矛盾してないか」です。

次のブログ記事は「広隆寺にある「木造弥勒菩薩半跏思惟像」は国宝第一号?そして半島で作られたものか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。