朝鮮の髪型史

朝鮮の髪型史
時代 変化による女性頭の変遷史

女性の頭は時代によって変化する. 一時代が女性に願う価値観は女性の髪模様に多い影響を及ぼす. 昔には髪模様によって身分が区別されたりしたし結婚の有無を現わしたりした. 三国時代から今日まで 我が国の女性たちの髪模様がどんなに変化したのかその移り変わり過程をよく見る.
http://www.woorizine.or.kr/woorizine31/htm/special_01.htm

オンウンモリやチォックモリはもう三国時代から流行ったヘアスタイル

三国時代の 髪模様は壁画を通じて見当をつけることができる. 昔から男より女達の髪模様がずっと複雑だったが TV 史劇ドラマを通じて私たちがよく見る 'オンウンモリ'や 'チォックモリ'はもう三国時代からして来たヘアスタイルだ.
高句麗ではオンウンモリやチォックモリ外にもプンギミョング頭(頭を三つで分けて一束は後にして二つの束は 左右のボルチォックに垂らす髪形)と縛った蒸発頭(短い髪を後から低く縛った髪模様)が広く 広がっていた.


百済では既婚と 未婚の仕分けが髪模様に現われるのに娘たちは一本で長く頭を結って伸ばしている途中婚姻後にはふたつで 分けて頭の上に上げた. 新羅は文献上の記録で見る時オンウンモリが流行ったように見える. また, 唐に 礼物に送るほどかつらを作る技術がすぐれたと言う.

高麗時代には髪模様が身分の区別なしに等しかった. 三国時代のようにオンウンモリとチォックモリが一番多くするヘアスタイルだったが後れ毛を糸巻きのように振って右側肩に垂れることで新しいスタイルを追い求めたりした. 右側肩に垂れた後れ毛は高麗時代女性たちの美意識を現わす部分と同時に可愛らしさを強調した髪形だ.

高くて 大きいほど美しく思われた朝鮮時代のヘアスタイル

髪模様に神経をたくさん使って派手な飾りを追い求めた時代は朝鮮時代だ. 朝鮮時代はまず王家と両班, 平民, 芸者など身分と階級によってできる髪形が違った. 娘たちがたくさんする後れ毛の場合も両班加衣箱入り娘たちは後れ毛で耳を覆って一般娘たちは耳を覆うのなかったと言う. 朝鮮時代髪模様の中で一番派手な頭は王妃が征服身なりに上げるトグだ頭で足(かつら)を 7個上げるグングズングオヨモリに木を削って作った飾り用嫁ぐ形態の頭だ. 足一軒にひとりの方の髪の毛が入って行くことを念頭に頭面この頭の場合本人頭まで合わせて 8人前の嫁ぐわけになる.

婦女子たちの間でもオンウンモリを大きくて高くするほど美しいことで思われて成宗の時には頭の高さが四方 1尺もなったし頭を飾る足がなくて婚姻が延ばされる事も起こった. 頭による贅沢がひどくなると本当に情調の時にはがチェグムジリョングが下ろされたりした.
朝鮮時代娘たちの代表的な髪模様はテンギ髪の毛だ. 娘たちはテンギ髪の毛をしている途中婚姻前日慣例で頭をあげてかんざしをさすことで婦女子たちの髪模様に変わった. この時花嫁の頭を上げてくれる人の手を '復讐'(福手)と言ったが花嫁の友達や親戚の中で厳選して選んだし適当な人がいなければお金をくれて人を招待したりした. 言わば今日の美容師にあたる人々だと言える.

女性の 自意識を現わしたおかっぱの髪

開花期の時には女性たちの頭がまだ娘たちはテンギ髪の毛, 奥さんたちはチォックモリが 代表的だったが 1920年代最初の美容室とヘアデザイナーが登場しながら徐徐に新しいスタイルが流行った.

1920年代を代表するヘアスタイルはおかっぱの髪だ. 1次世界大戦に敗れたドイツ女性たちが心機先日のためにおかっぱスタイルを開発, 全世界的に広がったとするのに我が国の場合初めておかっぱをある女性はガングヒャングランや姜名画みたいな芸者たちだった.


男性たちのおかっぱが近代化の象徴のように思われたことと違いこの時代女性たちのおかっぱは伝統的な女性の役目を拒否する 伝統破壊行為で受け入れられた. 特に初めにおかっぱを一女性たちが芸者だったという身分は人々の口に上る言葉尻を 提供した. しかしこれらのおかっぱは既存の価値観を拒否して女性の自意識を現わした先駆け的な行動だった. そうさにも 伝統的な女性の役目が強調された時代だった位金活蘭, モユンスック, 崔承喜など新女性たちのおかっぱの髪はモダンゴルだと 殖やして冷笑的な諷刺にあったりした.
時代によって少しずつ変化するヘアスタイル

1930年代からはパーマネントが普及されながらパーマ頭が流行った. こんなパーマスタイルは倦まず弛まず 女性たちの間でひろがって行って 1950年代は美容室が大衆化されるのに至る. 映画が普及されながら外国映画俳優たちのヘアスタイルが 旋風的な人気を呼んだ. 'ローマの休日'に登場するオードリー・ヘップバーンの髪形はヘブボンスタイルと呼ばれながら 1950年代 女性たちの間で大きく流行った代表的なヘアスタイルだ.

1960年代は産業化の波とともに女性たちの髪模様にも多様なスタイルが追求された. ウチマキ, ソドマキ, ひさごスターである, 白鳥ラインスターななど多くの形態の髪模様が登場した. この時にはまたかつらが大きく流行ってかつらで頭を脹らましてゴデ機で飾り的なカールを作る頭が流行ったりした.

1970年代はパスポート運動が活発で伝統的なソングヨックハルに対して女性たちが多い疑問を申し立てる時期だった. したがって活動性を 強調する簡潔な髪模様が大きく流行った. 短い刈り上げルック, 中性的な感じを与えるスェギ(乞食カット), きのこ模様の モスィルムがこの時期に登場したヘアスタイルだ.

1980年代はオイルショックによる社会的不安を反映するように誇張されるように脹らました前髪や不規則なパーマスタイルが流行った パーマ全盛時代で言える. 1990年代は長い髪の太いパーマ頭やストレートが人気を呼んだし若者達を 中心に多様な髪色の染め付けが流行った.
多様な色の頭染め付けは今も普遍的に行われている. 最近復古風の流行などがまた渡来したりするが 現在には画一的な流行スタイルを追い求めるより自分の個性を重要視して自分にあうヘアスタイルを尋ねる成り行きだ.


このブログ記事について

このページは、rekichiが2011年6月 7日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「少数の憲兵で、本当に武断統治が可能か?」です。

次のブログ記事は「日本の戦争を自衛戦争と証言したマッカーサー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。